企業立病院の求人特集【※希少な企業立病院の求人を見つける方法】

TOP >> 企業立病院の薬剤師 >> 企業立病院の薬剤師の仕事内容・役割

企業立病院の薬剤師の仕事内容・役割

薬剤師といえば、薬に関する仕事内容ですね。一般的には、調剤といって薬を調合したり、病院の中で薬が無くならないように管理したりしています。また医療従事者の一人として、公衆衛生の向上や維持に寄与して、対象者の健康な生活を支援しています。今日も対象者の苦痛を軽減させるために、薬剤を作成しては、対象者の方へわかりやすく、用法や用量などについて詳しく説明されている薬剤師の姿があるでしょう。そのような薬剤師の方は、多くの医療機関でご活躍されていることと思います。

このページでは、数ある医療機関の中で、企業立病院の薬剤師の仕事内容や役割について、ご紹介していきたいと思います。まずは企業立病院の薬剤師だからといって、一般病院の薬剤師と大きく異なるといったことはほとんどありません。

基本的には、病院勤務の薬剤師は医師の指示のもと対象者へ薬剤を提供したり、直接、患者さんやご家族とコンタクトを取りながら、薬剤の説明を行います。また内服薬や点滴薬剤の調合も行いますし、もちろん、軟膏や貼付剤などの薬剤一般を扱うこととなるでしょう。さらに化学療法などの特殊な治療法については、病棟の看護師と連携を取りながら、確実に対象者が治療できるように努めています。

このように企業立病院の薬剤師の仕事内容は、一般病院の薬剤師とほとんど変わりませんが、役割については、一般病院と異なるでしょう。企業立病院の薬剤師は、企業の社員の一員となります。そのため、病院の薬剤師でありながら、その企業の一社員として扱われますから、役割としては企業人としての理念にもとづいた活躍が期待されています。

つまり、企業立病院の薬剤師は、企業の経営に関して、理念を持って対象者へ医療を提供するという役割があるということですね。全面的に薬剤師として、医療に貢献するというよりも、企業の中の病院を介して、他の医療従事者と協力して、医療を提供しながら社会に還元するスタンスです。

このように企業立病院の薬剤師の仕事内容や役割については、それぞれの企業に特化した理念のもと、医療を提供していくということになります。特に役割については、企業の一員として、病院における薬剤師の立場を理解して、医療に従事することがもとめられるでしょう。ただし、企業立病院の薬剤師の仕事内容に関しては、一般的な薬剤師の業務ですので、転職をされる場合であっても、安心して勤務することができるでしょう。

企業立病院の求人サイト 人気ランキング 〜薬剤師〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
リクナビ薬剤師
公式サイトはこちら

>>企業立病院の薬剤師求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2015 企業立病院の求人特集【※希少な企業立病院の求人を見つける方法】 All Rights Reserved.