企業立病院の求人特集【※希少な企業立病院の求人を見つける方法】

TOP >> 企業立病院の薬剤師 >> 企業立病院の薬剤師の年収・給料

企業立病院の薬剤師の年収・給料

薬剤師は、病院だけではなく、調剤薬局やドラッグストア、あるいは保健所などの役所といったように、さまざまな施設で勤務することができます。もちろん、薬剤師のお給料は、経験年数や役割、各施設によって変動することと思います。数ある施設の中で、企業立病院の薬剤師の年収や給料についてご紹介していきましょう。企業の一員として病院で働かれる薬剤師は、どのくらいのお給料を頂いているのでしょうか。

まず薬剤師は、厚生労働省の調査によると、一般的に平均年収は500万円で、平均月収が35万円ということになっています。また男女では、男性が平均年収572万円、女性が473万円と男女差が見られているようです。

それでは、企業立病院の薬剤師ですが、基本的には一般の薬剤師と大きく変動はないようです。薬剤師は、医師と同じように6年課程で大学に在籍しなければならないにもかかわらず、医師との給料の差は大きく、どちらかというと3〜4年課程の看護師に近い給料ということになります。

ただし、企業立病院の薬剤師は、病院の中では薬剤師という職種で働く一方、企業人としての一社員でもありますから、年収や給料は企業の利益によって異なるのではないでしょうか。企業立病院をもつ企業は、どの企業も一流ですが、その利益によってはお給料が変化することもあり得なくはないでしょう。

しかしながら、企業立病院の薬剤師は、直接的に年収やお給料に反映されない福利厚生が充実している環境にあります。たとえば、一般病院で薬剤師として働き、賃金を稼いでも、必然的に生活費はその中から削られていきます。もし、そこで生活に関して免除されることがあれば、その分の支出は免れますよね。つまり、企業立病院で薬剤師として働くことは、社員の一員ということもあり、その企業によっては生活にとって、プラスの面が多くあるということになります。

このように企業立病院の薬剤師の年収やお給料は、企業の中でも異なりますし、また経験年数や役職によっても左右されます。一般的な薬剤師の平均年収は、あくまでも参考程度ですが、何より、経済的側面で大きなメリットなのは、企業立病院の福利厚生なのではないでしょうか。これは一般病院にはない福利厚生ですし、企業だからこそ可能なものです。企業立病院の薬剤師の年収という肩書にとらわれず、いかに充実した生活が行えるかということを考えることが大切でしょう。

企業立病院の求人サイト 人気ランキング 〜薬剤師〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
リクナビ薬剤師
公式サイトはこちら

>>企業立病院の薬剤師求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2015 企業立病院の求人特集【※希少な企業立病院の求人を見つける方法】 All Rights Reserved.