企業立病院の求人特集【※希少な企業立病院の求人を見つける方法】

TOP >> FAQ >> 企業立病院のメリットとデメリットは?

企業立病院のメリットとデメリットは?

企業立病院で働くということは、医療従事者としてどのようなことが付加されるのでしょうか。このページでは、企業立病院で働くメリットとデメリットをご紹介していきたいと思います。

企業立病院で働くことのメリットとして、まずはその企業のネームバリューを獲得できるということです。たとえば、日本郵政、NTT、日立、東芝、富士通、トヨタ自動車などは企業立病院として、非常に代表的でしょう。しかしながら、なぜネームバリューがメリットになるかというと、それは企業の社員であることを証明できるからです。一流企業の一社員として勤務することは、職歴としては高く、ご自分のステータスをアピールすることもできるでしょう。

つまり、履歴書でもその企業の名前は有効活用できますし、ローンの借り入れなどにも信用性が高く維持されることでしょう。そのため、企業立病院としての企業で働くということは非常に名誉といっても過言ではありません。

また企業立病院で働くことのメリットは、経済性にも優れています。年収や給与は、各企業によって異なりますが、民間病院に比べれば、大企業の病院なわけですから、高い水準を確保、あるいは期待できます。さらに年収や給料に直接的に関係はありませんが、福利厚生によって生活を豊かにすることが企業立病院で働くと可能になります。民間病院にはない、企業立病院に特化した福利厚生ですので、企業立病院で働くことのメリットとなるでしょう。

しかしながら、メリットにはデメリットがつきまとうもの。もちろん、企業立病院で働くことのデメリットもあります。それは、ネームバリューゆえに、その企業で働くという大きな責任が付加されます。つまり、企業の病院で働くということは、一社員として企業の理念にもとづいて、医療従事者も考えていかなければなりません。

また最大のデメリットとして、企業立病院は企業で運営しているということです。つまり、不況が続けば、病院の縮小化にもつながり、景気によって病院自体の存続が危機にさらされてしまいます。一社員として、企業で働くということは、一流企業で利益を獲得する反面、経営状況によっては危機的状態が訪れる可能性があることを忘れてはなりません。

このように企業立病院で働くことのメリットとデメリットは、その企業によってさまざまであり、社会情勢の影響によって、風向きが変わることが多々ありそうです。そのため、企業立病院の医療従事者は、企業の社員として、今日も医療の提供と同時に利益の獲得を目指しているということです。

>>企業立病院の求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 企業立病院の求人特集【※希少な企業立病院の求人を見つける方法】 All Rights Reserved.