企業立病院の求人特集【※希少な企業立病院の求人を見つける方法】

TOP >> 企業立病院の医師 >> 企業立病院の医師の仕事内容・役割

企業立病院の医師の仕事内容・役割

企業立病院で勤務するということは、一般企業の社員と同じ立場で勤務することであり、医師や看護師、コメディカルはすべて社員という一つの単位に含まれます。その中で、企業立病院で勤務する医師の仕事内容や役割について、ご紹介していきたいと思います。

基本的に医師のお仕事は、企業立病院だからといって大きく形を変えることはありません。医師とは、病気の診察や治療を業とする方です。医師は、医療および保健指導をおこなうことによって、公衆衛生の向上と増進に貢献し、人々の健康な生活を確保します。

もちろん、医師になるためには、医師国家試験に合格し厚生労働大臣の免許を受けなければなりません。臨床現場については、医師は診断書や処方箋を出したり、死体と確認して警察所に届け出を出したり、その記録類に関しても保管の義務も同様に一般の医師と変わりありません。

しかしながら、企業立病院での医師の役割については、一般の医師と異なるかもしれません。それは、企業の一員、いわゆる社員としての1人ですから、その企業における理念に基づかなければなりません。たとえば、品川区にありますNTT東日本関東病院は、病院理念の一つとしてITの医療への活用と社会への還元というものが掲げられています。その内容は、日本を代表する情報流通企業であるNTT東日本の病院としての特徴を活かし、電子診療録などのIT技術を医療に積極的に活用するとともに、最新の技術を社会に還元するということです。

つまり、企業立病院は、その企業の理念に沿って、病院の理念が構成されていることから、医療を提供する医師は、企業の考え方に左右されるのです。したがって、企業立病院で勤務する医師のお仕事の内容は大きく変わりませんが、役割については理念に基づくということです。

今回は、NTT東日本関東病院の理念を例として挙げましたが、JR東日本の企業立病院として、地域医療へ貢献するJR東京総合病院や、日本郵政グループの一員として社会に貢献する東京逓信病院などもあります。

企業立病院の医師の仕事内容・役割について、根本にあるのは「医の倫理綱領」に基づき、遵守することを基盤に、各企業立病院のカラーがあるということですね。企業立病院で働かれる医師は、医師としてのお仕事と企業の一員である立場を相互に交じ合わせて、医療を対象者に提供していることになりますから、その点を踏まえて就職は考えていきたいものですね。

企業立病院の求人サイト 人気ランキング 〜医師〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム
公式サイトはこちら

>>企業立病院の医師求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2015 企業立病院の求人特集【※希少な企業立病院の求人を見つける方法】 All Rights Reserved.